子供に見られた発達障害を改善させられたのは児童発達支援におけるABA

子供を授かる事ができ子と共に過ごす時間はもちろん、同様に子育てを頑張っている方々ともコミュニケーションを取る事も楽しみになりますます充実した日々を過ごしていましたが、他の子供達と接する機会が多くなるのにつれて気になっていったのが我が子の成長具合についてです。

初めての子という事もあって、家庭で単独で接していたり独自の行動を見ている際には取り分けて気にならなかったものの、他の子達が居る環境下では我が子だけ皆の輪の中に入らなかったり行動や感想が異なる様子に気が付きました。

一見すると個性のようにも感じられましたが、年齢が高くなっていくのにつれて同年齢の子達との違いが顕著になってきたため、パートナーと相談して専門家にお話してみる事にしました。

子供と共に専門家の下に行って様々なお話をしてみてわかったのは発達障害である事ですが、健康面などには取り分けて心配な点が無い様子から安心しましたし、より一層子供の事を思慮して向き合ってあげる事にしました。

色々な点を新たに考え直しましたが、行うようになったのがABAというアプローチであり、アプローチの目的に倣って子育てをする上で叱る機会を無くして褒める事のみに注力しています。

褒める事だけに注力する児童発達支援を採用してから変化したのは、アドバイスをしなくても良い行いをした時に目視確認だけで終わらせるのではなく、きっちりと目を見つつ言葉で良い事であると褒めてあげる事です。

三郷市のABAによる児童発達支援「てらぴぁぽけっと三郷駅前教室」
https://misato.famigliainc.jp/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です